1. HOME
  2. 社員インタビュー一覧
  3. 社員インタビュー(製造技術職)

INTERVIEW

社員インタビュー(製造技術職)

森 聡太郎

2021年度中途入社 | 製造技術職

プロフィール

大学院卒業後、大手自動車部品メーカー生産技術職として工程設計から生産設備手配、量産立ち上げまでの業務に従事。2021年当社へ転職。各工場の自動化、省人化へ向けて格闘中。

seizougijyutu.jpg

現在の仕事内容を教えてください。


各工場の生産性を向上させるための設備の導入を担当しております。
設備は、「品質を維持しながらも、いかに人員を減らし、いかに設備を安く作れるか」が勝負になります。それらのバランスを取りつつ、ベストな提案ができるよう日々新技術の情報収集やアイデアにつながるものがないかを常に心がけております。

イフジ産業の魅力について

私は、転職してきましたが、他企業に比べて、スピード感があると感じております。
ある程度、一人一人に裁量を持たせてチャレンジさせてくれるため、
スピードも速く、また様々な経験値を詰めるのではないかと感じております。

仕事のやりがいを教えてください
サンプル

自分ならではのアイデアや工夫を設備に織り込めることにやりがいを感じます。
知識や経験が増えれば増えるほど、アイデアの幅は広がりより効果的な提案もできるようになるため、自身の成長実感もわかりやすく、またアイデアが形となり生産ラインで稼働しているところを見ると非常に達成感を感じます。

就活をしていた際に大切にしていた事を教えてください。
サンプル

「やりたいこと、やりたくないこと」と「自分の得意不得意」をはっきりさせることをまずは大切にしました。
私の場合、「モノが作られる現場に関わりたい」というなんとなくの思いから始まり、色々会社説明や工場見学に参加する中で「製鉄やプラント」はピンとこず、「人やロボットによる組立」に興味があることが分かりました。
また、性格的に0から1を考えるよりも、既存のものを組み合わせアレンジすることが好きだったので、「生産ラインの構築や改造」をやりたいと考え、1年目からそれらの業務を担当させてもらえる会社を探しました。
明確に自己分析できていると会社選びの軸もでき、希望部署への想いも強く語ることもできて希望を叶えやすくなるので、そこを大事にしてほしいと思います。

これから入社される方へのメッセージ

会社選びにおいて職場の雰囲気は重要なポイントだと思います。イフジ産業はベテランの方々が自身の知見や技術を伝承していこうという積極的な雰囲気があり、丁寧に物事を教えてくれて、先輩や上司についていこうという気持ちになります。その上で裁量を持たせてチャレンジもさせてもらえますので、チャレンジ精神が旺盛な方や創意工夫が好きだという方はぜひご応募ください!

ENTRY

エントリー

PAGE TOP